マグネシア

SibelcoのさまざまなQMAG(クイーンズランドマグネシア)マグネシア製品を生産するために、未加工のマグネサイトは炉に送られ、そこで天然ガスにより1000°Cにまで加熱されてマグネシア(MgO)または苛性焼成酸化マグネシウム(CCM)製品になります。 か焼マグネシアをさらに加工すると、Sibelcoの高品質な死焼マグネシアと電融マグネシア製品が生まれます。

死焼マグネシア(DBM)

加工されたか焼マグネシアは微細粉砕され、高温焼成のためにブリケットに圧縮されます。 この粉砕段階とブリケット形成段階で、均一性と密度の点で最高級品質のマグネシアが生成されます。 ブリケットはおよそ2000°Cに加熱され、焼結、あるいは死焼マグネシアを形成します。

電融マグネシア(EFM)

電融マグネシア(EFM)は、か焼マグネシアを電気アーク炉内で3000°C以上の高温で溶融することによって生産します。 このプロセスで形成された鋳塊が冷却され、ストリップ状にされてから粉砕されます。 製品は一連の粉砕、選別、分級工程を経て出来上がります。

マグネシア